和歌山県新宮市の防災ハザードマップ一覧と災害情報

【記事公開日】2019/12/28
【最終更新日】2020/10/16

和歌山県新宮市の南海トラフ地震の被害想定
最大震度 7
最大津波高(満潮位含む) 14m
津波(1m)到達最短時間(満潮位含まず) 4分

データソース➡朝日新聞DIGITAL

➡︎和歌山県新宮市の災害情報
➡︎和歌山県新宮市の雨雲レーダー
➡︎和歌山県新宮市の河川水位と雨量状況

和歌山県新宮市の地域一覧です。 地域ごとのより詳細なハザードマップを確認できます。

和歌山県新宮市「あ行」

地名 かな読み 郵便番号
相筋 あいすじ 647-0001
あけぼの あけぼの 647-0025
阿須賀 あすか 647-0022
池田 いけだ 647-0021
伊佐田町 いさだちょう 647-0012
井の沢 いのさわ 647-0045
磐盾 いわたて 647-0051
浮島 うきじま 647-0014
馬町 うままち 647-0008
相賀 おうが 647-1102
王子町 おうじちょう 647-0032
大橋通 おおはしどおり 647-0004

和歌山県新宮市「か行」

地名 かな読み 郵便番号
春日 かすが 647-0013
神倉 かみくら 647-0044
上本町 かみほんまち 647-0003
木ノ川 きのかわ 647-0073
熊野川町相須 くまのがわちょうあいす 647-1216
熊野川町赤木 くまのがわちょうあかぎ 647-1214
熊野川町畝畑 くまのがわちょううねはた 647-1207
熊野川町大山 くまのがわちょうおおやま 647-1203
熊野川町鎌塚 くまのがわちょうかまづか 647-1204
熊野川町上長井 くまのがわちょうかみながい 647-1201
熊野川町九重 くまのがわちょうくじゅう 647-1233
熊野川町篠尾 くまのがわちょうささび 647-1223
熊野川町四滝 くまのがわちょうしたき 647-1234
熊野川町嶋津 くまのがわちょうしまづ 647-1232
熊野川町滝本 くまのがわちょうたきもと 647-1205
熊野川町田長 くまのがわちょうたなご 647-1212
熊野川町玉置口 くまのがわちょうたまきぐち 647-1231
熊野川町西 くまのがわちょうにし 647-1206
熊野川町西敷屋 くまのがわちょうにししきや 647-1221
熊野川町能城山本 くまのがわちょうのきやまもと 647-1213
熊野川町東 くまのがわちょうひがし 647-1202
熊野川町東敷屋 くまのがわちょうひがししきや 647-1222
熊野川町日足 くまのがわちょうひたり 647-1211
熊野川町宮井 くまのがわちょうみやい 647-1235
熊野川町椋井 くまのがわちょうむくのい 647-1215
熊野地 くまのじ 647-0024
五新 ごしん 647-0053

和歌山県新宮市「さ行」

地名 かな読み 郵便番号
佐野 さの 647-0071
清水元 しみずもと 647-0033
下田 しもだ 647-0042
下本町 しもほんまち 647-0011
徐福 じょふく 647-0020
新宮 しんぐう 647-0081
新町 しんまち 647-0019

和歌山県新宮市「た行」

地名 かな読み 郵便番号
高田 たかた 647-1101
田鶴原町 たずはらちょう 647-0031
谷王子町 たにおうじちょう 647-0016
千穂 ちほ 647-0015

和歌山県新宮市「な行」

地名 かな読み 郵便番号
仲之町 なかのちょう 647-0018
野田 のだ 647-0041

和歌山県新宮市「は行」

地名 かな読み 郵便番号
橋本 はしもと 647-0052
蜂伏 はちぶせ 647-0072
船町 ふなまち 647-0002
別当屋敷町 べっとうやしきちょう 647-0007
蓬莱 ほうらい 647-0023

和歌山県新宮市「ま行」

地名 かな読み 郵便番号
丸山 まるやま 647-0034
緑ケ丘 みどりがおか 647-0043
南檜杖 みなみひづえ 647-0054
南檜杖(土ノ河) みなみひづえ(つちのこ) 647-1103
三輪崎 みわさき 647-0061
元鍛治町 もとかじちょう 647-0005

和歌山県新宮市「や行」

地名 かな読み 郵便番号
薬師町 やくしまち 647-0006
横町 よこまち 647-0017

和歌山県新宮市の災害情報

平成29年台風第21号

平成29年台風第21号
平成29年台風第21号(画像出典:Wikipedia

平成29年台風第21号は、2017年10月に静岡県に上陸した台風である。1991年以降で初めて「超大型」の状態で日本に上陸した。上陸後は、静岡県から関東地方を縦断し、日本の東海上で温帯低気圧に変わった。和歌山県新宮市では1000棟以上が浸水。

和歌山県新宮市(新宮)の48時間雨量:888.5ミリ(観測史上1位を更新)

データソース➡平成29年台風第21号(Wikipedia)


平成23年台風12号・紀伊半島豪雨


平成23年台風12号・紀伊半島豪雨(画像出典:Wikipedia

平成23年台風第12号は、2011年8月25日に発生した大型の台風である。この台風に起因する豪雨により、特に紀伊半島(和歌山県・奈良県・三重県)において被害が甚大であったため、豪雨による被害については「紀伊半島豪雨」、「紀伊半島大水害」とも呼ばれる。 和歌山県新宮市南檜杖では土砂崩れで4人が死亡した。上流にあたる十津川村などに降り注いだ雨が熊野川に流れ込み、下流の和歌山県新宮市・三重県紀宝町などで氾濫した。新宮市熊野川町日足地区では、熊野川の増水により3人が死亡。

データソース➡平成23年台風12号・紀伊半島豪雨(Wikipedia)


紀伊半島南東沖地震(M7.1)

紀伊半島南東沖地震、または東海道沖地震とは、2004年9月5日、9月7日に起きた地震である。和歌山県新宮市で震度5弱を観測した。

データソース➡紀伊半島南東沖地震(M7.1)(Wikipedia)


昭和南海地震

昭和南海地震は、1946年12月21日午前4時19分過ぎに潮岬南方沖(南海トラフ沿いの領域)78キロメートル、深さ24キロメートルを震源としたM8.0の地震である。南西日本一帯では地震動、津波による甚大な被害が発生した。和歌山県では死者・行方不明者269人、負傷者562人、全壊969棟、流失325棟、焼失2,399棟。主に新宮市の被害が大きく、直後に出火し約16時間延焼し、市内での被害は焼失2,398棟、全壊600棟、半壊1,408棟となった。

データソース➡昭和南海地震(Wikipedia)


昭和東南海地震

昭和東南海地震は、1944年12月7日午後1時36分に紀伊半島東部の熊野灘、三重県尾鷲市沖約20kmから浜名湖沖まで破壊が進行した(震源としては「熊野灘」)M7.9のプレート境界型巨大地震。和歌山県では51人が死亡・行方不明、74人が負傷。住宅への被害は全壊が121棟、半壊が604棟となった。和歌山県新宮市では2.0-5.0mの津波を観測した。

データソース➡昭和東南海地震(Wikipedia)

▼防災グッズ通販

▼防災グッズ人気ランキング

防災グッズ特集

▼人気の防災本

▼首相官邸(災害・危機管理情報)

▼ハザードマップを都道府県から検索

  北海道・東北
北海道 青森県 岩手県 宮城県
秋田県 山形県 福島県
  関東
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県
千葉県 東京都 神奈川県
  甲信越・北陸
新潟県 富山県 石川県 福井県
山梨県 長野県
  東海
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
  近畿
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県
奈良県 和歌山県
  中国
鳥取県 島根県 岡山県 広島県
山口県
  四国
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
  九州・沖縄
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県
大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県




▼家を少しでも高く売却する方法

都道府県

ページ上部へ戻る