岩手県の地震危険度ランキング!地震に強い地域はどこ?【2021年3月公表】

【記事公開日】2021/03/30
【最終更新日】2021/06/20

岩手県

2021年3月26に、国立研究開発法人防災科学技術研究所より、全国地震動予測地図2020年版が公表されました。

住所検索ハザードマップでは、NIED(国立研究開発法人防災科学技術研究所)の公表しているJ-SHISマップ2020年版を使用し、「今後30年間に震度6強以上の地震に見舞われる確率」を判断基準として岩手県の地震危険度ランキングを作成しました。

<※順位付けに対する注意点>
ランキングは『震度6強以上』の発生確率が高い順で、数値が同じ場合は『震度6弱以上』で順位分けしています。

岩手県の地震危険度ランキング33位〜21位

順位 地域 6強以上 6弱以上
33位 和賀郡西和賀町 0.1% 1.3%
32位 紫波郡矢巾町 0.1% 2.5%
31位 紫波郡紫波町 0.1% 3.0%
30位 二戸郡一戸町 0.2% 2.7%
29位 八幡平市 0.2% 2.9%
28位 花巻市 0.2% 4.2%
27位 北上市 0.2% 4.6%
26位 岩手郡岩手町 0.3% 4.3%
25位 岩手郡葛巻町 0.3% 4.7%
24位 西磐井郡平泉町 0.3% 5.3%
23位 一関市 0.3% 5.5%
22位 岩手郡雫石町 0.4% 4.2%
21位 九戸郡九戸村 0.4% 5.3%

今後30年間に震度6強以上の地震に見舞われる確率」という判断基準で考えた場合、岩手県で最も地震に強い地域は『和賀郡西和賀町』となりました。

ここで注意してほしいのは、この地震リスクは「地震が発生するリスク」ではなく「震度が6強以上になるリスク」であるということです。又、地震が発生しやすくても地盤のいい所ではリスクは低くなりますし、その反対もあります。地震危険度が高い地域にお住いの方は、地盤の強さや津波リスクも合わせて確認しましょう。

岩手県の地震危険度ランキング20位〜11位

順位 地域 6強以上 6弱以上
20位 盛岡市 0.4% 6.3%
19位 胆沢郡金ケ崎町 0.5% 7.9%
18位 気仙郡住田町 0.5% 8.9%
17位 奥州市 0.6% 8.7%
16位 遠野市 0.6% 9.2%
15位 下閉伊郡岩泉町 0.7% 10.0%
14位 下閉伊郡田野畑村 0.7% 10.5%
13位 二戸市 0.8% 8.1%
12位 滝沢市 1.0% 10.7%
11位 九戸郡軽米町 1.1% 11.7%

岩手県の地震危険度ランキング10位〜1位

順位 地域 6強以上 6弱以上
10位 大船渡市 1.5% 17.7%
9位 陸前高田市 1.6% 18.2%
8位 下閉伊郡山田町 1.7% 17.8%
7位 釜石市 4.3% 31.5%
6位 九戸郡洋野町 5.6% 32.3%
5位 下閉伊郡普代村 6.7% 36.0%
4位 久慈市 10.7% 45.9%
3位 九戸郡野田村 11.6% 48.0%
2位 上閉伊郡大槌町 15.3% 58.3%
1位 宮古市 15.4% 56.1%

今後30年間に震度6強以上の地震に見舞われる確率」という判断基準で考えた場合、岩手県の地震危険度ランキング1位は『宮古市』となりました。

繰り返しますが、地震が発生しやすくても地盤のいい所ではリスクは低くなりますし、その反対もあります。また、地震に伴う津波リスクが高い地域も忘れてはいけません。

岩手県で本当に災害に強い地域を探すためには、岩手県の災害リスク情報を様々な角度から確認しましょう。

【岩手県の災害リスク関連記事一覧】


▼防災グッズ通販

▼防災グッズ人気ランキング

防災グッズ特集

▼人気の防災本

▼首相官邸(災害・危機管理情報)

▼ハザードマップを都道府県から検索

  北海道・東北
北海道 青森県 岩手県 宮城県
秋田県 山形県 福島県
  関東
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県
千葉県 東京都 神奈川県
  甲信越・北陸
新潟県 富山県 石川県 福井県
山梨県 長野県
  東海
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
  近畿
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県
奈良県 和歌山県
  中国
鳥取県 島根県 岡山県 広島県
山口県
  四国
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
  九州・沖縄
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県
大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県




▼家を少しでも高く売却する方法

都道府県

ページ上部へ戻る